人気ターボファンの相場をチェック

ターボファンとはよく工事現場や路上の清掃に使われている圧縮送風機ですが、その用途は家庭用のキッチン換気扇までと多岐にわたります。その人気商品や価格帯についてよくご存じの方は多くありません。今回はシーン別用途について紹介するとともに、その価格帯について紹介します。そもそも最近ではプロペラファンよりも小型の圧縮機の方が多用されてきています。その理由は設置場所の融通性や、外気から受ける影響の強さや排気能力の強さによります。外使用の圧縮送風機であれば小型から大型までで価格は10000円から120000円までと幅広く、家庭用換気扇であれば40000円から50000円が主な価格帯となります。ここでは特に需要が高い外使用の人気理由と豆知識をご紹介します。

周りの環境に合わせた圧縮送風機選び

ここでは家庭で使える圧縮送風機としてのターボファンをご紹介します。意外と家庭で普通に圧縮送風機を利用している割合は少なく、主にこの技術が使用されているのは電気掃除機です。昭和48年ごろから日本の掃除機には遠心式プロペラファンが搭載され、それまでの軸芯式のプロペラファンとは比較にならないほど小さく軽量化し、吸込圧を高めるための設計でした。しかし近年では庭掃除などの際に送風機を利用することが多くなり、圧縮送風機を持つ機会が増えました。その結果、庭の中および周囲に落葉樹が多い場合、中型の送風機が主となり、価格帯も15000円から25000円ほどとなります。また庭や家の周囲に塵や砂などが多い場合は小型が多く、価格帯も10000円から15000円ほどになります。

送風機と吸込機のシーン別裏技を公開

ターボファンの主な用途は吹き飛ばしか吸込みの二つになります。この二つを切り替えができようにした商品があります。それはあまり一般消費者には必要のない機能のようにも思われがちですが、意外と多くの方にとって便利な機能となります。まず一番役に立つのは車の清掃に関してです。一般には小型掃除機として販売されていますが、送風機能を合わせたものでは、フロアマット周辺の清掃に力を発揮します。比較的重いゴミを吹き飛ばすために、送風機能は役立ちます。またこの両用機は家庭内でも力を発揮し、窓のサッシ、ベランダ、排水溝など特に年末大掃除などにはこの吸込み型と送風型の両用機が便利です。価格帯としては安いものでは10000円を切るものから、高いものでは100000円を超えるものまで様々ですが、人気なのは20000円付近です。